金比羅様の石段上り

琴平町に到着 JR琴平駅

 

 

 

 

 

 

高松空港から琴平駅行のバスに乗りました

梅雨時なので観光客は少ないですね

荷物を駅のコインロッカーに入れて身軽に

町中を6~7分歩くと石段が見えてきました

 

 

 

 

 

 

昨夜の酒が身体に残ってますが(独演会の打上げ)

機内でぐっすり寝る事が出来たので気力十分

222段目の看板前で記念撮影

 

 

 

 

 

 

両側には土産屋さんが ぎっしり並びます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大きな鳥居が見えてきましたが、

ここはまだまだ 序の口 とば口

 

 

 

 

 

 

立派な門が頭上に見えてきましたが、

 

 

 

 

 

 

ここをくぐり抜けてまだ四合目あたりかな

でも景色は一変 汗ばんで来た額が涼しい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一息入れてまた石段上り 卓球で鍛えた脚力が役立ちます

周りの杖付きながらの人達を尻目に、一気に駆け上り天辺まで

 

到着したと思ったら奥の院はまだ上に有ると聞き

ベンチに腰掛け5分程休憩していると追い越して来た

杖付きの団体客に抜かれ、幼児を抱いた若夫婦に抜かれ

老夫婦にも追いつかれ 落語の反対車と同じだよ(笑)

ラストスパートで再び抜き返して天辺到着

荒くなった息を鎮めて参拝

 

側に良いもの発見しました 火焔太鼓です

 

落語の中に出て来る汚い太鼓と違い過ぎですが

国立劇場のロビーで見た物より綺麗でした。

帰り道下り始めたら膝の筋肉がおぼつかない

後で正座が出来なくなったら大変なので休憩しながら

独演会でお世話になった皆さんに実況メール

無事下山、楽しみにしていたうどんを食べようとしたら

何と!どの店も4時過ぎに うどんは店仕舞い

ビール飲んでうどん食いたかったのに残念

明日の成年後見落語の地 三豊市に直行します。

 

Leave a Reply