後見落語in山武市.光市.八幡東区

11月の後半は三日連続の後見落語講演でした

27日は千葉県山武市の社会福祉大会です

DSCF1082

DSCF1087

必要性を解説して「後見爺さん」の一席

制度の詳細は東京大学政策ビジョンセンター

金原和也氏に全てお任せして新幹線で名古屋に向かいました。

翌日28日は山口県光市「高齢者虐待予防講演会」

光市総合福祉センター(あいぱーく光)が会場です

DSCF1092

 

先ずは落語から楽しんで頂きましてトークショー

高齢者の守るための取り組みをテーマに後見制度との

関連も含めて地域で福祉業務に精通されている三名の方

社協職員・社会福祉士・NPO法人優喜会に登壇して頂きました。

DSCF1097

 

 

虐待事例の話は私にとって今後の後見制度の活用法を

考える上でも大変参考になりました。

翌29日は小倉市八幡東区での成年後見制度を考える

老後の安心のために「落語で学ぼう!!成年後見制度」

会場の八幡医師会館の講堂に早めに到着すると

寸劇のリハーサル中でしたので拝見させて貰いました。

劇団員は区役所の職員さんや弁護士の先生方です

皆さん楽しそうに演技しているので見る方にも伝わりますね

第一部は寸劇から幕開け

DSCF1112

 

会場は笑いの渦に包まれています

DSCF1109

続いて私の落語ですが寸劇で良い雰囲気が出来てるので

始めから楽しんで聞いて下さるので嬉しいですね。

第三部は座談会です

DSCF1116

 

寸劇出演者の弁護士・地域包括職員・ケアマさんに

自治会長・民生委員さん6人の皆さんに登壇して頂き

老後の安心のために成年後見制度の必要性を話し合い

地域での実例も紹介して参加者に理解を深めて頂きました。

八幡東区のアンケート結果お知らせします

image2A

 

i

 

image1B

 

 

 

 

 

 

Leave a Reply