後見落語in沼津市

沼津市役所 長寿福祉課主催

成年後見制度を語る! 〜落語で学ぶ権利擁護〜

会場は千本プラザ音楽ホール

今回はディスカッションの時間をたっぷり取りたいので

後見落語での成年後見制度解説はカットして後回し

30分の落語を楽しんで頂く事にしました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

第2部でのディスカッションは私がコーディネーター役

パネラーに成年後見人の実務に当たっている3人の皆さん

司法書士・リーガルサポート静岡支部の鈴木信宏氏

静岡社会福祉士会 ぱあとなあ静岡の古川直哉氏

社会福祉法人あしたか太陽の丘 鶴田安弘氏

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

☆実際に成年後見人として被後見人と関わり感じた事

☆被後見人の意思を理解する為に工夫している点

☆後見人として手応えを感じた時、苦労した実例

☆成年後見制度の必要性を市民に認識してもらうには

今後どうしたら良いか⁈ などなどets

後見人の必要性を改めて実感することが出来ました。

結論として後見人だけでは全てを支えきれないので

行政は勿論、地域社会 皆で連携する事が大切である

こんな当たり前の事がなかなか難しい現状も感じました。

パネラーの皆さん・沼津市役所 長寿福祉課の皆さん

大変お疲れ様でした、お世話になりました。

 

アンケート結果を送って頂きました

沼津市アンケート 沼津市アンケート_0001 沼津市アンケート_0002

Leave a Reply